治療の仕方

医者

その特徴と気をつけることは何か

景気が悪くなってくると、人々はその景気の波にのまれてしまうことがあります。つまりネガティブな方向に進んでしまう人が多いわけです。人間は頭の動きによって体も大きますので、頭がネガティブな状態になると、気持ちや行動もネガティブになってしまう傾向があります。特に最近の若い人は、将来に対して展望を前向きな持つことができないためうつ病になりやすく、学校や会社を休みがちになる人も少なくありません。ここで考えておかなければならないのは、どのようにうつ病を治していくかです。そのうちの一つがバタフラと呼ばれるものになります。バタフライハグとは、人にハグしてもらうわけではなく自分自身で自分を抱きかかえるように両手で肩の部分を触ります。握ってでは右の肩ではなく左の肩を触り左手では右の肩を触るというように、交互に両方の肩を触ってみることから始めてみましょう。こうすると、精神的な落ち着きを取り戻すことができ、自律神経のバランスを整えることができます。もともとバタフライハグが効果があるのは、緊張した気持ちをなくすことにある点です。うつ病になる人の多くは、緊張を強いられている時間が長い傾向にあります。そうすると、いかに緊張をほぐすことが病気の改善に重要になることがわかるでしょう。とはいえ、この状態を1回か2回続けたとしても効果がある訳ではありません。1回につき20秒ぐらい両手で自分の肩を触り方をぽんぽんと叩きます。人間は肩をたたくとリラックスできる効果はありますので、軽く叩くようにして少しずつ気持ちを整えていきましょう。

バタフライハグをする場合に気をつけることがあるとすれば、かなり継続的に続けることです。これはバタフライハグを長時間行うという意味ではりません。このやり方を20秒ぐらい行い、それを毎日のように続けることが重要になります。これにより結果的には、うつ病の状態が良くなっていく傾向があるでしょう。ただこのやり方のみで結果が出る訳ではありません。人によってうつ病になった原因が異なるため、そちらの方も積極的に治療していかなければならないものです。例えばバタフライハグをすると同時に、精神科や心療内科に通い医者の治療を受けることが重要です。治療といっても、けがをしたわけではないため、カウンセリングが中心になるでしょう。うつ病の原因を知るためには、医者の質問に答えあるいは自分から話しをし始めて自分自身で何人に対して不安を持っているのかを知ることです。たいていの場合は恐怖や不安から来ているのがうつ病になるため、これを明確に知ることが重要になります。ただ普通の生活をしていても、ほとんど気づかないことが多いことから、可能な限り専門家に診てもらうのがよいでしょう。中にはバタフライハグを積極的に取り入れている心療内科や精神科も存在しています。もしバタフライハグの正しいやり方を学びたければ、そのようなところに通ってみると良いかもしれません。実際に行う場合には、自分が安心できるような場所で行うことです。緊張しているところで行っても、心がそちらに引っ張られてしまいハグの効果が発揮しにくいでしょう。