災害時の危機対策にも効果

ハートと聴診器

精神的悩みの解消に

悩みをかかえた人でも他人に相談出来る人と、自分の殻に閉じ込めてしまう人ではストレスの持ち方が大きく変わって来ます。本来なら人に相談することなく、悩みやトラウマとなったことを解消出来るならば、こんな嬉しいことはないと言って良いでしょう。そんな悩みを解消する方法にバタフライハグがあります。非常に簡単な方法で行うもので誰も彼もがどこにいても出来ることになる上、うつ病治療に使われることが多く、その効果は多くあると知られるまでになっています。このバタフライハグの方法は、腕を胸の前でクロスさせることから始まります。そのクロス状態を2分ほど続けるだけのもので、この方法を続けることで心が自然と癒される状態になって来ることになります。但しこの2分ほどと言う時間は決められたものではなく、自分の心が落ち着いた時には止めて良いもので、早い人ならば数十秒で終わる人も出てきますし、2分では足りないと言う人も出て来ることが考えられます。最近では気候変動の問題から大雨被害などが各地で大きな影響を与えるまでになって来ています。住宅を失うなどの大きな被害にあった時パニックを起こさないためにも、自分自身で行うことが出来るバタフライハグを利用することで、心を落ち着かすことも良い方法と思われます。こんな簡単な方法が治療に使われると聞いても信用出来ないと言う人がいるかも知れません。ですがバタフライハグは、精神科の領域においても有効であることが確認されており、日本各地で多くの人が利用していることを知りましょう。

バタフライハグと言う言葉を耳にするようになったのは、日本各地で起こる災害で被害に遭った人たちが心にゆとりを持たせるために利用されたと言うことからと思われます。バラフライハグは元々精神医療で使われて来たもので、患者さんの心を落ち着かせるための良い方法とされて来ていました。この心を落ち着かせることが、災害にあった時あれもしなければならない、これもすると言った心理的パニックを抑えることが出来るとされたことで、多くの人が利用するようになりました。災害時ではあまりにも大きなことが突然起きてしまい、自らの神経がとてつもない緊張感を持ってしまい、リラックスすることなど考えられなくなることがあります。気持ちだけが焦るのですが、手も足も動かないと言った状態にもなりかねません。そんな時心を落ち着かせ、おかしな興奮から目を覚ますと言ったことに役立つのがバタフライハグで、そこには大人も子供も簡単に出来る良さがあります。バタフライハグを行う時には、出来るだけ幸せな場面を想像したり、安心な暮らしなどを想像することが良い方法とされますが、生活の危機を迎えている時には無理と言うケースも出て来ます。ネガティブなことを考えてのバタフライハグに効果は期待出来ない上に、副作用が働きかねません。せっかくの行動が無駄になってしまう恐れがありますので、注意が必要です。バタフライハグを行っている時に不快な気持ちになった時には、無理をして続けることなく止めるようにします。無理をしないことも、大事な方法と知っておきましょう。