心の傷を癒す簡単な方法

診察 バタフライハグは、手を胸の前でクロスさせ、肩を交互にトントンと叩くだけというとても簡単なトラウマ払拭方法の一つです。場所も選ばず子供からお年寄りまで誰でも行えます。その動作が脳に影響し、効果を得ていると考えられています。

詳しく見る

治療の仕方

医者 うつ病の人がバタフライハグをした方がよいといわれているのは、精神的な落ち着きを取り戻し緊張をほぐすことが可能だからです。ただこれも、長期的に行うことでようやく効果が発揮されますので、継続して続けることが重要です。

詳しく見る

災害時の危機対策にも効果

ハートと聴診器 バタフライハグは大人も子供も簡単に出来るものとして人気の治療方法です。突然の危機に対するトラウマなどの解消にも効果があると、多くの人が利用するまでになりました。バタフライハグは、無理をして行うものではないことも知っておきましょう。

詳しく見る

落ち着いた気持になる

女性

利用する目的や仕組みを学ぼう

一度精神病になってしまうと、なかなか思ったように生活をすることができなくなります。よく社会人でうつ病になる人は多いですが、うつ病になると会社に行くのもおっくうになりなかなか行動ができなくなるでしょう。もし腹痛や頭痛そして発熱などが伴った場合には、精神科よりも心療内科に行った方がよいです。このように外に症状が出ている場合には、なかなか自分自身のコントロールをすることができないため、第3者に頼るのが一番でしょう。仮に精神科に行った場合でも心療内科に行った場合でも、どちらでも治療方法をいくつか紹介してくれます。代表的なものの一つとしては、バタフライハグと呼ばれるものです。バタフライハグの特徴は自分の右手で左手の肩を、自分の左手で自分の右の肩を軽く叩くことです。人間の肩は、軽く叩くことでリラックスする効果があります。肩たたきも実は肩の凝りをほぐすと同時に、リラックスできる効果があるわけです。ただしあまり強くたたいてしまうと、逆効果になることがあるため注意しなければいけません。ただし、バタフライハグが直接的に完治する効果があるかは証明されていませんが、おおむね自律神経を整えるときには必要な動作の一つと言えます。自律神経を整える場合には、リラックスした効果が必要になるため、自分でも気軽にできる方法の一つとしては優れた方法と言えるでしょう。それと同時に、うつ病がなぜ起こっているのかを自分自身で認識しておきたいところです。これを知るためには、医者などの第3者の力が必要になるため、心療内科や精神科の通院は避けられないといってもよいでしょう。

バタフライハグの仕組みを説明する前に、うつ病がなぜ起こるかを理解しておきたいところです。基本的に人間の精神は、自律神経によって変わってきます。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、この両方のバランスが整っていると自律神経が整っている状態で精神的にも落ち着きます。ところが自律神経のバランスが崩れてしまうと、精神状態も悪化しうつ病を引き起こす可能性があるわけです。自律神経の交感神経とは、緊張を強いられた時に働く神経のほうです。人間は気がついていませんが、自分の部屋の外つまり外出をするときには家にいるよりも緊張した状態になります。特に会社に行きしかられることを恐れている場合や、人間関係で恐れている場合にはその緊張がピークに達します。この状態は、見方を変えると交感神経がかなり働いている状態です。一方で副交感神経は、部屋の中にいる場合などのようにリラックスした状態のときに働きます。本来であれば、ちょうど交感神経と副交感神経が半分ずつぐらいがちょうどよいのですが、行きたくない仕事に行く場合や行きたくない学校に行く場合などは、交感神経の方がより強く働くことになるでしょう。そうすると、バランスが崩れてしまうため少しでも緊張をほぐす動作を自分自身で覚えた方がよいわけです。そこで考え出されたのがバタフライハグです。バタフライハグをすることにより、精神的に落ち着きを取り戻し結果的にうつ病の状態をより良くしていきます。ただここで分かることは、バタフライハグが根本的なうつ病を治すわけではないことです。あくまで対症療法の一つとして考えておきましょう。